歯科衛生士さんのお仕事

歯科衛生士とは

前回の「歯に関するあれこれ」で、歯医者さんの選び方の参考にすべきポイントを書かせて頂きました。
今回はその歯医者さんのお仕事で、歯科衛生医師さんのことについて書かせて頂きます。

歯科衛生士は国家資格

歯科衛生士さんは通常、DH(Dental Hygienist:デンタル ハイジニスト)と呼ばれます。
一般的に治療をする歯科医師の枠をDr枠、クリーニングなどを行なう歯科衛生士のものをDH枠などと呼ぶ場合があります。

歯科衛生士は専門学校で3年間勉強し、試験を受け合格した人が持てる国家資格です。
歯科衛生士は、歯科疾患の予防及び口腔衛生の向上を図る(歯科衛生士法第1条)ことを目的として、歯と口腔内の健康づくりをサポートする専門職です。

歯科予防措置

日本人が歯を失う原因の90%が「虫歯」と「歯周病」です。
特に「歯周病」は、成人の方の80%がら患していると言われています。歯科衛生士はそれらを予防するための措置として「フッ化物塗布」や歯垢(プラーク)や歯石などの口腔内の汚れを除去するプロフェッショナルです。
ブラッシングだけでは取りきれない汚れなどを機械的歯面清掃といった医療技術の専門家でもあります。

歯科診療の補助

歯科診療は歯科医師を中心としたチーム医療です。
歯科衛生士さんは歯科医師の診療の補助をすると共に、治療の一部を担当したりもします。
また、患者さんと歯科医師とのコミュニケーションい配慮し、信頼関係にもとづく医院作りのたいせつなパーソンでもあります。

歯科保健指導

虫歯や歯周病は生活習慣病でもあります。
それらの予防のために正しい生活習慣のための専門的な指導や、訪問口腔ケアなども仕事の内容にあります。
また、カウンセリングやブラッシングの指導も歯科衛生士さんの大切なお仕事のひとつです。

歯科衛生士は歯科医師と同じくらい、それ以上に時代に求められているお仕事です。
歯科衛生士さんは高齢化社会でどんどん活躍の場は広がっていくと思います。なかなか歯医者さんのスタッフのお仕事は分かりづらいかもしれませんが、少しでも皆さんに知って頂ければと思います。

診療時間のご案内

時間
午前 9:00

13:00
8:00

12:00
午後 14:30

19:00
14:30

20:00
14:30

20:00
13:00

15:00
©2015 吉祥寺の土日も診療してる歯医者|なお歯科クリニック
リンク