危険なアマルガムの詰め物

昔の詰め物・アマルガム合金

最近の歯科医院でこれを使う歯科医師はいないと思いますが、昔は虫歯などで削った歯の穴に詰めるものとしてアマルガム合金を使用していました。

アマルガム合金は保険診療で認められた材質の1つで、いわゆる「銀歯」です。
最近はパラジウム合金などが使われていますが、このアマルガム合金、実はとても身体に悪いのです。

アマルガムの材質

アマルガムは、

・水銀 50%
・銀 35%
・スズ 9%
・銅 6%
・少量の亜鉛

から出来ている金属です。水銀でどんな病気をイメージするかと言えば、あの水俣病です。
銀歯が溶け出して、歯ぐきが黒ずんできている方は、すぐに歯医者さんに行ったほうが良いと思います。

1990年ごろまで使われていた

1998年イギリスの厚生省は妊婦にアマルガムの詰め物をしないようにと警告を発表しています。医療先進国のスぇー伝でも1987年に政府が動揺の発表をしています。

・感覚異常
・不眠
・神経的なイライラ
・頭痛
・めまい
・アレルギー
・原因不明の痛み等

などの症状ももしかしたら、アマルガムが原因かもしれません。

定期検診の時にアマルガムと分かる場合も

もし、気になるようでしたら定期検診にお越し下さい。
定期検診は保険診療で行なえます。

お口の中の状況とクリーニングを兼ねて、もし、使っている銀歯が昔のアマルガム合金でしたら取り替えることをお勧めします。
銀歯は金歯などと違い、歯への密着度が低いので何年かに1度は取り替えた方が良いと思います。
銀歯の中が実は虫歯が進行していた・・・というケースも見受けられます。

6ヶ月に1度は定期検診をお勧めします。

診療時間のご案内

時間
午前 9:00

13:00
8:00

12:00
午後 14:30

19:00
14:30

20:00
14:30

20:00
13:00

15:00
©2015 吉祥寺の土日も診療してる歯医者|なお歯科クリニック
リンク