赤ちゃんの歯ぐきが黒くなってる

萌出性嚢胞(ほうしゅつせいのうほう)

赤ちゃんは、肌もお口も可愛い肌色・ピンク色ですがお口の中の歯ぐきの一部が黒ずんできて、お母さんが慌てて相談に来られる時がありますが、おおよそこれは萌出性嚢胞(ほうしゅつせいのうほう)と言って、歯が生える頃に見られる歯肉の下に生えて来ている歯を上の歯や歯ぐきでアムアム噛むことで刺激を受けてみずぶくれのような状態になり、黒く見えてくるのです。

その黒くなっている部分に血が混じっていることもあるので黒く見えており、生えてくると自然に無くなり治りますので治療の必要はありません。
また、これによって歯の生え方が悪くなったりすることもありません。

でもやっぱり心配になると思いますので、
お気軽にお電話でご予約いただいてご相談に来て下さい。

吉祥寺の歯医者|なお歯科クリニック
土日も診療しています。

診療時間のご案内

時間
午前 9:00

13:00
8:00

12:00
午後 14:30

19:00
14:30

20:00
14:30

20:00
13:00

15:00
©2015 吉祥寺の土日も診療してる歯医者|なお歯科クリニック
リンク